HomeKit Love

Apple HomeKit を布教すべく立ち上げた本サイトは、HomeKitに関するニュースや製品のレビューをお伝えしていきます。

【レビュー】Koogeek スマートコンセントは意外と使える

HomeKit対応のスマートコンセント「Koogeekスマートコンセント」を購入して見ました。 ここ最近、Amazonで頻繁にセールしているので、かなり気になっていました。 IoT製品かつHomeKit対応の中ではなかなかお手頃な価格なので、入手しやすいと思います。

外観

見た目は角が丸くデザインされた正方形で、可愛らしいものです。 手のひらに収まるサイズではありますが、日本国内においては少し大きいと感じてしまうかもしれません。

例えば、複数口のあるコンセントに指すと、隣のを塞いでしまう可能性があります。 案の定、私の使用環境でもタコ足などにさして利用しようとしたところ、隣が塞がってしまいました。

[amazon_link asins='B00ID76GLE' template='Default' store='homekitlove-22' marketplace='JP' link_id='3b8020ac-5411-11e8-9506-6b4822602b04'] ▲こういった製品と組み合わせて利用しないと、綺麗に収めることができないかもしれません。

また、こちらの商品はアースがついた3Pプラグになっていますので、通常の2Pコンセントには接続できないでしょう。 同様に、

[amazon_link asins='B00008BB13' template='Default' store='homekitlove-22' marketplace='JP' link_id='752f20f9-5411-11e8-b36f-bb858ac9f86f'] ▲こういった製品と組み合わせる必要がありますので、そこは気をつけてください。 日本の環境向けではないので、少々難点はあるのですが、電源プラグに関連する製品でうまく利用することができるので工夫して取り付けてください。

セットアップ

セットアップは非常に簡単です。 本製品自体にHomeKitに接続するためのシリアルコードが記載されていますので、iPhoneのHomeアプリから追加すれば良いです。 その後、iPhoneで認識されれば、iPhoneが接続しているWiFiネットワークにKoogeekスマートコンセントの参加許可を求められます。 この時、注意すべきことがあります。 多くのIoT製品で言えることですが、大体の製品がWiFi5GHz帯には対応していませんiPhoneで5GHz帯のネットワークに参加している場合は、HomeKitアクセサリの追加に失敗します

一度、iPhoneを2.4GHz帯のネットワークに接続してから、HomeKitアクセサリの追加をしてください。 これはその他の製品でも言えることなので、覚えておくと良いと思います。 あとは、自分好みにカスタマイズするだけです。

カスタマイズ

私の環境では、電源そのもののON/OFFで制御できる家電製品が少なかったです。 パソコンなんかは特に、正しい手順じゃないと電源ON/OFFできませんし。 エアコンなどのリモコンが必要な製品も同様です。

何がいいかと考えたときに、「パソコンのディスプレイ」の電源をKoogeekスマートコンセントに接続することにしました。 仕事中は基本的に付けっ放しですが、終業時に消し忘れることって結構あるんですよね。

  • 職場の照明(Philips Hue)
  • パソコンのディスプレイ(Koogeekスマートコンセント)

▲これらをグルーピングして、制御することにしました。

感想

セットアップは簡単ですし、特に専用アプリが不要なところもシンプルで好きです。 ON/OFFした際に「カチッ」と鳴る音も小気味良くて気に入っています。 私の環境的に有効利用できる家電が少なかったのが残念ですが、電源ON/OFFで制御できる家電を見つけたら是非とも組み合わせたいと思いました。

[rate title="この製品の評価"] [value 4.0]使いやすさ[/value] [value 3.5]デザインの美しさ[/value] [value 4.5]値段[/value] [value 4 end]総合評価[/value] [/rate]

[amazon_link asins='B077BFX57M' template='Default' store='homekitlove-22' marketplace='JP' link_id='219d4e01-540f-11e8-aa93-5ff70a890c96']